水着の人

悩みを解消するために

カウンセリング

ふたつの特徴とは

用事があり化粧をして外へ出かける時に、化粧をしてもカバーできなくなったシミがある場合、一歩踏み出してシミを除去しようと思われる方もいるでしょう。そこで、美容皮膚科へ行くという選択肢がありますが、治療にかかる費用が高いという勘違いから、中々今の場所から先へ進めなくなっている方も数多く存在します。一方、シミ取り治療であれば、一般の皮膚科を利用する手もあります。その際、皮膚科へ行くべきなのか美容皮膚科へ行くべきなのか、迷ってしまうかもしれません。美容皮膚科と皮膚科の共通点に関してですが、ふたつとも医療機関であるということが挙げられます。医療機関とは何かというと、国の医療法により決められた医療提供施設のことを言います。両方とも医療機関になるため、プロの医者が診察してから治療を行います。では、ふたつの異なる部分には何があるかというと、自由診療か保険診療かということです。皮膚科の特徴ですが、一般としては外用薬を塗っていく外用薬治療と、患者にあった薬を処方する内服治療というやり方を取り入れています。シミに対しての治療の場合、メジャーな内服薬はビタミンCやトラネキサム酸、L-システインなどがあります。また、外用薬に関しては、トレチノイン軟膏やハイドロキノン軟膏などが使用されます。美容皮膚科においては保険枠に縛られないため、外用薬・内服薬以外にも、病院独自の施術や最新美容医療など、数々の選択肢の中から患者に適した治療方法をミックスさせ、治療できるという特徴があります。ですので、高い美白効果を望んでいるのであれば、美容皮膚科を利用すべきでしょう。仮に、美容皮膚科を利用してシミ取り治療を受けることを決めた場合、前もってWebを通して情報収集をすることが重要となります。ホームページにおいては、様々な情報が詰まっていて、そして口コミサイトなどで書かれてあることも選ぶ際にためになります。自身で満足できる治療を受けるためにも、どこを選ぶのかは非常に大切なことでもあるため、きちんと調べた上で決めていきましょう。