水着の人

皮膚の基礎知識

ナース

種類と原因を知る

そもそも、シミの原因であるメラニンは皮膚を守るために分泌しています。それにターンオーバーによって古い角質とともに剥がれ落ちます。ただ、ターンオーバーが乱れたり、メラニンが過剰分泌するとそのまま、残ってしまいます。これがシミになります。メラニンが過剰に分泌するのは紫外線のせいです。要するに紫外線が肌に当たると皮膚は紫外線から守るためにメラニンを分泌します。ちなみにメラニンは紫外線を吸収し、肌へのダメージを防ぎます。それに女性ホルモンは年を重ねていくと減少しています。それに三十代以上の女性の場合、シミの原因の殆どが女性ホルモンの乱れによるモノと言われています。他にもストレスなどの自律神経の乱れでもシミができてしまいます。しかも、加齢により新陳代謝が衰えても、ニキビを強くこすった結果もシミが増えてしまいます。とにかく、探してみると原因は沢山あります。さらに種類によっても原因が限定されます。老人性色素斑(日光性色素斑)というモノは紫外線が原因です。それに脂漏性角化症(老人性いぼ)も紫外線が原因になります。女性ホルモンが原因なら肝斑です。他にも成人してからできる痣、ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)というのもあります。結局、殆どが紫外線が原因です。種類と原因が判ったら今度はどう治療するかでしょう。シミの治療は美容皮膚科か皮膚科の診療を受けることになります。ちなみに健康保険が利用できるのは皮膚科になります。しかし、内容によっては皮膚科でも保険が使えない場合があります。事前に良心的で技術力の高い病院などを調べておきましょう。ちなみに種類と原因は安易に自己判断しない方がいいでしょう。治療を考えているのならまず、皮膚科で医師の診断を受けた方がいいでしょう。何故なら、シミの種類は皮膚の専門家でも間違うこともあるくらいだからです。なので、自己判断では完治できないこともあるからです。それに医師との相談で自分にあった治療法が見つけられます。さらにすぐに結果がなくても医師の指示や既定の量を守りながら最低3ヶ月は続けるべきです。