美容整形

実績を調べておく

シミの治療は皮膚科で受けることができます。重要なのは皮膚科選びです。実績や評判で決断しましょう。口コミを参考にしてみるのもいいかもしれません。また、治療方法もいろいろあるので調べておきましょう。各人に合うものを提案してくれます。

カウンセリング

悩みを解消するために

化粧で隠せないシミを治療で取り除く場合、美容皮膚科か一般の皮膚科のどちらを利用するのかで迷うかもしれません。ふたつとも医療機関であるという共通点を持っていますが、それぞれ異なる特徴もあるため、よく理解してから決めていくようにしましょう。

現在の悩みを手放すために

医者

かかる治療費

長年人生を送っていると、気づけば顔の目立つポイントにシミがつくられていることもあるでしょう。その際、皮膚科を利用してシミ取りの治療を受ける場合、はじめに医者のカウンセリングを通してシミのタイプや治療期間、治療にかかる費用などを考えながら、治療のやり方を決めていきます。その後に治療をやることが決まれば治療日を決め、予約を入れます。治療を受けてからは、およそ2、3回アフターケアをする必要があるため、治療を受ける際には長い間皮膚科へ足を運ぶのが可能な時に、余裕を持って行きましょう。シミを取り除く治療にはどんなものがあるかというと、レーザー治療やビタミンC成分などを取り入れる内服薬治療、クリーム・軟膏などを塗っていく外用薬治療の3つがあります。その際、皮膚科の方針やシミのタイプにより、考えていた治療内容と変わってくることもあるかもしれません。しかし、医者に自分の意見をしっかりと話した上で、ストレスを抱えることなく継続できるシミ治療を選んでいくことが大事です。皮膚科を利用して治療する際の費用に関してですが、全額自分で負担するのか、あるいは健康保険が利用できるかなどにより、その費用はまったく変わってきます。ある決められた内服薬や厚生労働省が認めたマシンを使用しての治療は、健康保険を利用できることがありますが、一般としては健康保険がきかないことが大半です。それからシミの濃さやタイプ、数により治療期間や治療回数に違いがあるので、治療にかかる費用にも変動があります。レーザー治療ですと、自費治療の際一回ひとつのシミにつき、大体2500円から10000円と金額に開きがあり、シミの状態と数を見ながら何回かに分け治療していきます。高い効果が期待できるQスイッチヤグレーザーに関しては、一回につき40000円近くとやや高めになるものもあります。あとは、シミを取り除くこと自体にかかる治療費は言うまでもなく、アフターケアで生じるメンテナンス代や日頃のスキンケア用品で生じる費用も、頭に入れておくことが大切です。

女性

憧れの肌をゲットする

シミを本格的になくしていきたい場合、皮膚科へ行って専門的な治療を受ける必要があります。メインとしてはレーザー治療がありますが、薬による治療もあります。ただ、人によっては体に影響が多少出ることもあるので、そのことを意識して治療を受けましょう。

ナース

皮膚の基礎知識

シミの原因には様々なものがあります。井大庵的には紫外線が原因だと言われることが多いですが、ストレスや加齢、ホルモンバランスの乱れが原因になっていることが多いです。シミは皮膚科で治療を進めることが出来るので足を運んでみてはいかがでしょうか。

顔を触る人

今の肌からきれいな肌へ

初心者が皮膚科へ行って、レーザー治療を通してシミ取りする場合、施術後にできるかさぶたにびっくりされるかもしれません。よって、治療のタイミングを見ながら治療の日にちを決めるのが大事です。また、信用できる皮膚科を探すこともポイントとなります。